リート投資日記

J-REITで億り人(資産1億円)&リタイア生活をめざすブログ

雑記

50歳夫婦で1億円あればリタイア生活できる?

50歳夫婦が1億円あればリタイア生活できる?

「1億円貯めて早期リタイアしたい」

そう考えている方はたくさんいるでしょうが、人によって家族構成・仕事・年齢・資産額等は様々なので、一概に「1億円あればリタイア可能」とは言い切れません。

しかもリタイア後にどんな生活がしたいのかも人によって違いますからね。

ただ、年齢・家族構成に関しては「50歳前後・夫婦2人」という条件で考えている方が多いのではないでしょうか?

 

40歳くらいではなかなか資産額や家族の状況等を考えると、リタイアを実行するのはかなり少数派でしょう。

逆に60歳代となれば、そもそも早期リタイアとは言えませんよね。今の時代はまだまだ働き続ける方も多いでしょうが、一昔前なら60歳で皆定年退職していた年齢。早期リタイア希望者にとって魅力的な年齢ではありません。

 

子供が進学・就職・結婚などで親元を離れ、家族構成が夫婦2人になる時期が近い。しかも早期リタイアを計画する程度のまとまった資産が貯められている年齢。

そう考えると、だいたい50歳くらいが現実的な年齢と言えるでしょう。

かくいう私も、「50歳夫婦でリタイア」という目標を掲げて資産1億円を目指している一人。

ちなみに私は現在、40代前半で子なし夫婦2人生活。現在の資産額は約7千万円といったところです。

なので、早期リタイア計画をシミュレーションする場合、「50歳前後で夫婦2人」という条件を軸に考えるのがよいと思いますね。

 

ところで、いったいどれくらいの貯蓄(資産)があれば50歳夫婦でリタイア生活をスタートできるのでしょうか?

夫婦でリタイア生活をするには、ほんとうに資産1億円も必要なのでしょうか?

 

 

老後の生活が心配。仕事を辞めて早期リタイアして大丈夫?

まず、リタイアを考えているモデルケースとして、

【家族構成】夫婦2人。もしくはその状況が近い。あるいは元々子なし夫婦。

【仕事】現在は会社員だけど定年まで働きたくない。早期退職するか迷っている。

【年齢】現在は40代。50歳前後でリタイアしたい。

【資産額】5000万円前後。夢の億り人(資産1億円)を目指している。

といった設定で考えてみます。

 

関連記事 億り人(資産1億円)になればリタイア生活できるか考えてみた

 

「今まで真面目にコツコツ会社勤めをしてそれなりの貯蓄もしてきている。」

「気力・体力が若い50歳前後にリタイアして、趣味や海外旅行を楽しみながら夫婦2人のセカンドライフを悠々自適にエンジョイしたい!」

「だけど、老後の生活費が心配だから、仕事を辞めて早期リタイアしても大丈夫か不安…」

 

こんなふうに、理想の生活イメージや人生設計はできているものの、必要な資産額がはっきりしない。

そんな悩みを抱えている早期リタイア予備軍のために、私が考える「50歳夫婦2人早期リタイア計画」を条件別にシミュレーションしてみます。

 

条件別「50歳夫婦2人早期リタイア計画」シミュレーション

収入ゼロなら資産1億円でも安心できない

まず、完全に仕事を辞めて収入がゼロになった状態でリタイアする場合。

仮に金融資産1億円を持っていたとしても、そのお金を単に切り崩して使っていくだけだと、年間500万円使えば20年で底をつく計算になります。

50歳でリタイア生活スタートなら70歳で貯蓄ゼロ。いくら年金があるとは言え、豊かな生活ができませんし、万一のまとまったお金もありません。これではさすがに問題ですね。

年間300万円くらいで暮らすなら問題ないでしょうが、50歳で1億円貯めた人がそんな地味な生活をしたいとは思えません。

おそらく60歳代でリタイア生活をはじめるなら大きな心配ないでしょうが、早期リタイアとは言えませんよね。

やはり、収入ゼロで使う一方な生活では、たとえ1億円持っていたとしても理想のリタイア生活はおくれないと考えたほうがよいでしょう。

年利3~4%で運用すれば資産1億円で問題なし

次に、保有する資産のいくらかを投資・運用して配当収入(インカムゲイン)等を得るパターンです。

年3~4%ほどの利回りであれば、比較的ローリスクで運用できる投資商品は意外と多く存在します。

例えば私が保有資産の大半を投資するJ-REITであれば、年利4%のポートフォリオを組むのは難しくありません。

J-REIT以外にも、株式であれば、株主優待を含めた実質配当利回りが4%になる銘柄も多くありますし、FXを利用して外貨に投資し、金利差益(スワップポイント)を得る方法もあります。

もちろん投資ですから、どれも元本リスクはあります。

しかし、長期的なスパン(少なくとも5年~10年以上)で分散投資すれば、トータルでのパフォーマンスがマイナスになる可能性は低いでしょう。

1億円あれば、例えばその半額の5000万円を税引き後利回り4%で運用すれば、年間200万円の収入が入ってきます。

堅実に利回り3%で運用しても、年間150万円の収入が得られます。

まぁそもそも1億円もの資産を貯めた人の場合、ほとんどの方がすでに何らかの資産運用をしているでしょうから、このパターンが現実的な選択肢だと思いますね。

ゆるく働いて収入を得るセミリタイア生活も選択肢に

完全にリタイアしてしまうのではなく、生活全体に占める仕事のウエイトを減らしてゆるく働きながらプライベートの時間を増やす。

つまり「セミリタイア生活」という方法もあります。

仕事は「お金を得るために仕方なく嫌々やっている」という人ばかりではありません。

仕事を通して得られるやりがいや社会との関わりなど、お金以外の要素もありますからね。

例えば、週2~3日だけ仕事をする。一日3~4時間だけ仕事をする。といった働き方であれば、十分プライベートの時間が確保できますし、“プチリタイア気分”も感じられるでしょう。

50歳という年齢なら、多少仕事も続けながら収入を得つつ、ワークライフバランスを年齢に応じて徐々に変化させる方が、いきなり完全リタイアするより良いかもしれません。

50歳からセミリタイア生活を始め、10年間を経て60歳で完全リタイア。というパターンも選択肢に入れて考えるのがいいでしょう。

資産運用&ちょい働くなら資産5000万円でもセミリタイア可能

前述したように、資産運用によるインカムゲインと、適度に働いて収入を得る、という2つの収入源があれば、たとえそれぞれの収入がそれほど大きな額でなくとも十分セミリタイア可能です。

例えば、3000万円を年利4%で運用して月10万のインカムゲインを得る。

そして、負担にならない程度に仕事をして月10万円の収入を得る。

こうすれば合計で月々20万円が入ってきます。

生活コストの安い地方であれば、贅沢しなければ夫婦2人で月の生活費30万円くらいでのんびり暮らせます。

つまり資産からの取り崩し額は月10万円。

これなら資産5000万円あれば50歳からでもセミリタイア可能ですね。

 

【結論】資産1億円で完全リタイアより、資産5千万円でセミリタイアの方が現実的

50歳で資産1億円貯めるとなると、なかなか簡単な話ではありませんが、5000万円ならそれほど難しい額ではないでしょう。

それに、完全リタイアするよりも、仕事も適度にしている方が精神的に充実感があるのではないでしょうか。

さらに貯めたお金にも働いてもらう。つまり資産運用ですね。

あとは、リタイア後にどんな暮らしがしたいのか、ということを具体的にイメージし、そのためには月々の生活コストがどのくらい必要なのかを算出してみるとよいでしょう。

そうすれば、リタイア、あるいはセミリタイアする時にどのくらいの資産額が必要なのかが自ずと出てくるはずですよ。

※ご注意※当ブログの内容は私の個人的見解であり、特定銘柄等の売買を推奨するものではありません。くれぐれも投資判断は自己責任で。

-雑記