リート投資日記

J-REITで億り人(資産1億円)&リタイア生活をめざすブログ

FX

10年ぶりにFX参戦。トルコリラ/円でスワップポイント運用はじめました。

トルコリラ

タイトルの通り、つい数日前から約10年ぶりにFX取引を再開しました。

参戦する通貨ペアは、今盛り上がりをみせている高金利通貨トルコリラ/円のスワップポイント運用です。

とりあえず29円で10万通貨分(証拠200万円、レバレッジ1.45倍)のポジションをとりました。

 

J-REIT投資家の私がFXを再開した理由

トルコリラ/円のスワップ運用が魅力的

仮想通貨投資の影で密かな盛り上がりをみせているのがトルコリラ/円。

トルコリラは、政策金利8%(2018年1月現在)という高金利に加え、史上最安値付近(28円~30円)で推移している通貨です。

このトルコリラの現状が、スワップポイント目当てのFX投資家にとって、かなり魅力的なわけです。

 

私が以前FXをやっていた時も、高金利通貨をロングポジションで保有(バイ&ホールド)してスワップポイントをコツコツもらうという、インカムゲイン目的の投資をしていました。

当時はリーマンショック前の2006~2007年ころだったので各国の政策金利もかなり高く、米ドルで4%台。

私が投資していたのはニュージーランドドル(NZD)と南アフリカランド(ZAR)という高金利通貨で、NZDは7%台、ZARは12%台もあったんです。

この2通貨をレバレッジ1.5倍、証拠金1000万円で投資し、約1年半でプラス200万円ほどの運用益を得ることができました。

 

もちろん、高金利通貨はそれなりのカントリーリスクが伴うわけですが、それを加味しても今のトルコリラ/円の状況はかなり魅力的。

ヒロセ通商【LION FX】などトルコリラ/円のスワップポイントが多いFX取引業者を利用すれば、レバレッジをかけなくても年利12%くらいの利回りになりますからね。

J-REITで手堅く年4~5%ほどの分配金を得ている私にとっては、多少リスクをとってでも挑戦したくなるわけです。

 

レバレッジ効果を活用したい

私のようなインカムゲイン投資家の場合、資産の大半をリスク資産として保有(私の場合、資産の9割をJ-REITで保有)しているため、新たに投資したいアセットクラスが見つかったとしても、そもそも投資できるまとまったキャッシュポジションがありません。

ところがFXならレバレッジがかけられるので、少ない資金(証拠金)でも利回りを大きくすることが可能。

もちろんハイレバレッジでFXをやると、ロスカット(強制決済)されてしまうリスクが高まるので超危険ですが、投資する通貨のボラティリティ(値動きの幅)から判断して低レバレッジ運用すれば、それほどビビる必要もありません。

基本的には高金利通貨の場合、レバレッジ2倍が目安。最大でも3倍まででしょう。

私は当面、レバレッジ2倍以内で安全運転しながら、状況によって買い下がることもできる余地を持たせつつ気長に運用していこうと考えています。

「FX=危険、怖い、ギャンブル」みたいなイメージを持っている人も少なくないですが、うまくリスクコントロールしながら運用すれば、手堅くインカムゲインを得ることができる投資商品でもあるのです。

 

アセットクラスの分散

私の場合、資産ポートフォリオにおけるJ-REITの割合が高すぎる、というかリスク資産はJ-REITしか持っていないので、そろそろ異なるアセットクラスに分散投資したいと考えていたんです。

でもなかなか自分の投資スタンスに合う投資対象がない。だからここ10年間ほどJ-REITに一点集中投資してきました。

そんな中、ここ1年くらいトルコリラ/円の状況がどんどん魅力的になってきたので、ポートフォリオの1割以内ならJ-REIT以外のリスク資産に投資してもいいんじゃないかと考えるようになった、というわけです。

 

そんなわけで、まずは証拠金200万円で10万通貨分を29円で買いました。レバレッジは1.45倍です。

今後、状況によって証拠金を追加しながら買い増していきます。

この先、為替相場や金利がどう推移していくかわからないので、あまり長期計画をしても机上の空論になってしまいますが、利回り10%前後で推移しているなら、最終的には証拠金1000万円で50万通貨(レバレッジ1.5倍程度)くらいまでポジションを増やそうと思います。

50万通貨だと月15万円ほどスワップポイントが入るわけですね\(^o^)/

月15万円なら年間で180万円。為替リスクや利下げリスク、税金を考慮して少なめに見積もっても、年間100~150万円ほどのインカムゲイン収入が得られると計算できます。

 

現在、保有J-REITの評価額が約6000万円で分配金収入が約200万円(税引き後金額)。税引き後利回り4%ほどです。

トルコリラ/円のスワップポイントなら、種銭1000万円&レバ1.5倍で100~150万円が得られるわけですから、リスクをとらないと損だと考えています。

 

ゲーム性

これはおまけ的な理由です。(笑)

J-REITの長期投資はかなり手堅く資産形成できる方法ではあるものの、短期的な楽しさ、ワクワク感はまったくありません。はっきり言ってかなり怠惰でつまらないです。

もちろん投資において、ゲームやギャンブル的な楽しさを求めるのはNGだということはわかっていますが、FXの場合だと、手堅いインカムゲイン目的の投資スタンスであっても、それなりに楽しさがあります。

為替相場の推移はもちろん、毎日「チャリンチャリン」と口座に反映されるスワップポイントがすごく嬉しいんです。

株式投資の配当金やJ-REITの分配金の場合は、年に1回か半年に1回ですからね。

 

ただしゲーム性の部分は、あくまでも「結果として楽しさもある」という位置付け。

間違ってもゲーム性目的で投資するのは典型的なNGパターンなので、投資する際には注意しなければいけません。

 

まとめ

私は10年くらい前にもFXでスワップポイントを得ていましたが、約1年半でやめました。

ただ、別にFXに見切りをつけてやめたというわけではなく、J-REITに集中投資するために決済しただけ。

「FXでスワップポイントを得る投資方法が、インカムゲイン投資の手段として魅力的である」という考えはずっと変わっていません。

まさかFXを再開することになるとは自分でも思ってませんでしたけどね。

 

ってことで、今後このブログでは、スワップポイント目的のFX投資についても書いていこうと思います。

「リート投資日記」というブログ名なのになんだか変ですが、逆にJ-REITに10年以上一点集中投資してきた人間でも、FXのスワップポイントには投資方法として魅力的ということです。

J-REITとFXでは同じインカムゲイン目的であっても投資スタンスや考え方が違ってくるので、今後そのあたりの経験や学んだことも記録していきます。

※ご注意※当ブログの内容は私の個人的見解であり、特定銘柄等の売買を推奨するものではありません。くれぐれも投資判断は自己責任で。

-FX