リート投資日記

J-REITで億り人(資産1億円)&リタイア生活をめざすブログ

J-REIT

「FFO」「一口当たりFFO」「FFO倍率」とは?読み方・意味の違い

J-REIT用語集

FFOの読み方

「えふえふおー」と読みます。

ちなみにFFOとは、Funds From Operationsの頭文字をとった略称。

 

「FFO」「一口当たりFFO」「FFO倍率」の意味

FFO

FFOとは、REITの収益力を示す指標で、賃料収入からどれだけの利益を得たのかを表します。

REITの本業は不動産を貸して賃料収入を得ること。FFOは、その本業からの利益だけを表す指標なので、不動産の売買といった本業以外で発生した損益は含めません。

また、実際の現金支出を伴わない減価償却費は差し引かずに(足して)計算します。

当期純利益 - 不動産売却損益 + 減価償却費 = FFO

 

一口当たりFFO

FFOをREITの発行投資口数で割ったものを「一口当たりFFO」と呼びます。REIT一口分にどれだけの収益力があるのかが「一口当たりFFO」でわかるというわけです。

FFO ÷ 発行投資口数 = 一口当たりFFO

 

FFO倍率

そして、「REITの投資口価格(株価)」を「一口当たりFFO」で割ったものが「FFO倍率」です。

投資口価格 ÷ 一口当たりFFO = FFO倍率

このFFO倍率が低いほど割安ということになります。要するに、収益性の高さの割に市場で評価されていない(投資口価格が安い)ということ。

株式でいうところのPERとほぼ同じ指標ですね。

そして、REITの割安度が判断できるもう一つの指標がNAV倍率です。

 

※ご注意※当ブログの内容は私の個人的見解であり、特定銘柄等の売買を推奨するものではありません。くれぐれも投資判断は自己責任で。

-J-REIT